キックオフパーティーにありがちな4つの質問

1月25日、カターレ富山のキックオフミーティングが、オークスカナルパークホテル富山 2階 「鳳凰(ほうおう)」の間にて行われました。

20150125-01

(なぜ傾いてる…)

筆者も参加してきたのですが、 当日までに嫁さんから色々質問されました。

嫁「パーティーなんだよね?何を着てくの?」
私「うーん、そういえば何着てけばいいんだろ。レプユニはナシだろうし…」
嫁「なんか持ってった方がいいものってあるの?」
私「うーん、カメラとか持ってけばいんじゃね?」
嫁「ごはんとか出るのかな?」
私「(お前が行くわけじゃねーのに…)うーん、なんか出るんじゃね?」
嫁「え?招待状に色々書いてあるんじゃないの?」

というわけで招待状を読み返すも… 

DSC_0005

 

なんにも書いてありません。
本当にありがとうございました。

 というわけで、
「この戦争が終わったら、来年カターレのキックオフパーティーに出るんだ…」
というあなたのために、筆者が人柱となってキックオフパーティーとはどんなものなのか、お教えしちゃいます!

 

■■キックオフパーティーにありがちな4つの質問

(1)ドレスコードはあるの?
ありません。
以上。

…と書くと元も子もないので、敢えて言わせてもらうと

「ドレスアップしといて損なし」

ですかね。
基本的にはカジュアルでもラフでも全裸以外なら何でもいいんですが(言い過ぎ)、若者(特に♂)には強く言いたいです。

スタジアムでいつも見かけるやんちゃそうな人が、今日はスーツでバシッと決めてる。
あれ?なんだろうこの気持ち…。
これってもしかして…。
てなことになるかもしれませんし(適当)。

女性もドレスまで着る必要はありませんが、あこがれの選手のハートをガッチリキャッチできる可能性もあったりなかったりするので、自分のヤル気に身を任せてみるのもいいかもしれません。

結論:男子はスーツ、女子はお洒落カフェにランチに出かけるような格好が吉

235

あれ?いつもふざけてばっかりの彼が…

 

(2)持ってくといいものってあるの?

カメラはあった方がいいです。
選手との触れ合いタイムは、順番待ちとの戦い。
「サインも欲しいし握手もしてーし写真も撮りたいし」
とかやってると、後ろの人の「まだかよ」オーラがすごいことになります。
最近のスマホはカメラの起動も早いですが、やはり本職には勝てません。
それに、手振れ補正や露出補正もスマホの非じゃないので、照明が控えめな会場でもバッチリ撮れます。
ということで、デジカメおすすめです。

お次は色紙やレプユニなどの、サインしてもらうためのグッズ。
参加者にはもれなく1枚色紙が配られますが、せいぜい1枚に7~8人のサインが精一杯。
でも目の前には社長やらGMやら監督、コーチ、スタッフ、選手やらが、よりどりみどりでいるんですよ?

「すんません、裏にお願いします」

と言える強者はさておき、最低1つはサイン用グッズを持っていくといいでしょう。

DSC_0002

あー、どうせならユニフォーム持っていくべきだった…

(3)食べ物は出るの?

たくさん出ます。
筆者はうっかりランチをしばいてから参加してしまい、非常に後悔しました。
ピザ、たこ焼き、パスタ、焼きそば、揚げ物、スイーツ、デザートetc
とてもじゃないけど、食い切れません(食い切る必要もありませんが)
むしろ

「朝飯を抜いていけ!」

と言いたいですね。
育ちざかりのお子さんをお持ちの方は、ぜひ朝食抜き(もしくは軽め)でどうぞ。
ハングリーレベルがMAXになった我が子の食べっぷりに目を細めるのも、また一興かと。
(私は来年やるつもりです)

DSC_0471

 いろいろあって、悩んじゃう。

 

(4)結局キックオフパーティーって楽しいの?

参加してみてわかりましたが、

選手や監督と直接話せるわ、

お触りできるわ(ライカ含む)、

撮影し放題だわ、

おまけにおいしい料理も沢山食べられるわで、

カターレファンにとっては正に

”神イベント”

と呼ぶにふさわしいでしょう。
退場時も、選手のみなさんがお見送りしてくれる上に握手までしてくれるんですよ?
シーズンパスの金額以上の”何か”をゲットできること間違いなし☆ 

185