6月3日、草島練習場のレポート

長野戦を終えてオフ明けの水曜日。カターレ富山の練習を見学してまいりました。
カタマガでは、練習内容をレポートするにあたり、けが人や戦術等の情報を対戦相手チームに与えない範囲でサポータが今知りたい「カターレが今どういう取り組みをしているのか」を練習内容から見出せればと思います。

AM10:30 ミーティング後、選手が草島グラウンドに集まり練習スタート

体をほぐした後、さっそく走ります!

20150603-01

約15分、芝田コーチの激が飛ぶ中で走り続けます。

AM10:50 人工芝エリアに移動し、次はヨンデコーチの指示のもとで細かなパスワークの技術練習

20150603-02

20150603-04

走った直後の筋肉が疲労した状態で正確なプレーが出来るようにという意図を言葉で伝えながらのトレーニング。
合間にストレッチを交えてケガ防止のためのケアをしっかりおこなっています。

AM11:10 2色のビブスを使用し3組に分け、素早く攻守を切り替えるボール回し

20150603-03

3組が同じコートでどんどん攻守が切り替わっていきます。

AM11:40 サイドからショートパスを受けてフリーでのシュート練習

20150603-05

20150603-06

岸野監督から「ミリ単位とは言わないが、センチ単位で合わせろ!」と指示が飛びます。
その後、サイドからのパスを浮かせてヘッドやボレーでのシュート練習

AM11:50 マーカーコーン位置からフリーでのシュート練習

20150603-07

点を取った選手から抜けていき、最後まで残った選手には罰ゲーム。

そして午前の練習は終了。

PM15:30 攻撃陣とDF陣がそれぞれ別メニューで午後練習がスタート

[攻撃陣(岸野監督が指導)]

20150603-08

パスの回数をカウントしながらのボール回し

[DF陣(ヨンデコーチが指導)]

20150603-09

バックラインでコートを大きく使うパス回しを想定した練習

16:00 攻撃陣は再びシュート練習、守備陣はヘディング練習やクロスボールへの対応練習

[攻撃陣]

20150603-10

20150603-11

2チームに分かれて得点を競争し、負けたら罰ゲームで腕立て伏せ

[DF陣]

20150603-12

20150603-13

PM16:30 攻撃陣、DF陣が合流し全体練習。

20150603-14

バックラインのパス回しからシュートまでの一連の流れを繰り返し練習

PM17:00 練習終了

 

まる一日、練習を見学して思うこと。

午前・午後練習を見学しましたが、これほど多くの練習メニューをこなす選手は本当に大変だと思います。
この練習量でも選手の表情には笑顔があって、体力的にもしっかり対応できている逞しさを感じました。

課題を明確に選手に伝え、それに対して的確な練習で克服する。
そういう意図が監督・コーチから聞こえてくる声からも感じ取れます。
いちサポータの私も「進んでいる方向は間違っていない」と感じさせてもらえる練習を見ることができました。

努力は裏切らない。そして結果は必ずついてくると信じて、
これからも「頑張れカターレ!」